WhiterochenがFootball Managerの監督をやります。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/11/06(火)20:12
ルール
Football Manager with J(じほーぐさん作)を導入
選択:
4部まで:日本
3部まで:イングランド
2部まで:アルゼンチン、ブラジル、フランス、オランダ、スペイン、ポルトガル、イタリア、ドイツ
1部まで:スコットランド
その他一部の国を表示のみに

順位表


English Premier Division (概要_ ステージ)-3

この年はユナイテッドが他を圧倒しぶっちぎりの優勝。我がチームは3位に。リーグ2位の得点力に3位の守備力なら、納得の結果。得点は多くても20点以上を取った選手はおらず、良く言えばチーム全体で点をとっていた。悪く言えば最後までストライカーが固定できなかった。二人のデンバにRodrigo、Rochena、Aguado。ローテーション制を厳しくとっていたのもあったが、完全にレギュラーを固定するまでには至らず。最後まで流動的だった。

EL


画面の都合上、決勝トーナメント2回戦から。
EURO Cup (概要_ ステージ)

決勝はマルセイユがトッテナムを破った。トッテナムはあと一歩で倒せただけに、決勝に進出できなかったのは残念だった。しかし来年はCL。ここに戻ってきたくはないところだ。

チームベストイレブン


Newcastle (歴史_ ベストイレブン)-2

ローテ中心であったトムキンスとエル・カウタリが選ばれており、ネネーは選外。少し印象とは違っていた。明るいのは、若手のBarànとAguadoが控えに名を連ねたこと。得点を見ると、どこからでも、誰でも点が取れるのが我がチームの強みだったといえる。

移籍


Newcastle (移籍_ 歴史)-2

スペースの都合で自由移籍と期限付き移籍は除いてあるため、主なところではBarànとネネーの移籍が抜けている(両者ともフリーで移籍)。ようやく若手を青田買いする余裕ができた。フェイエノールトから獲得のMokotjoは労働許可が降りずに期限付き移籍。実際の出場は来季からになる。他には、ジェフ千葉から若手を獲得している(定点観測対象外)。

若手定点観測


Sebastiàn Baràn


昨年

Sebastián Barán (概要_ 能力値)

今年
Sebastián Barán (概要_ 能力値)
18歳にして、早くもローテーション要員の地位を固める。チームベストイレブンのサブメンバーにも選出。若手月間MVPに顔を出すことも。

Craig O'cane


昨年
Craig OKane (概要_ 能力値)
今年
Craig OKane (概要_ 能力値)
今季は3部ノッツ・カウンティにレンタル。36試合12得点と活躍した。ストライカーは飽和状態なので来季もレンタルか。

Joaquín Aguado


Joaquín Aguado (概要_ 能力値)
クラブ・アメリカから獲得したストライカー。冬移籍で入団した今季は2月以降のリーグ戦で5得点。2ヶ月連続で若手月間MVPを獲得するなど才能の片鱗を見せた。

Robinson Sosa


Robinson Sosa (概要_ 能力値)
Barànと同じデフェンソール・スポルティングから入団したGK。今季は労働許可が降りず、期限付き移籍。攻撃的GKの素質が垣間見える。

来季の展望


来季はCLとプレミア両方の制覇を目指す。そのために補強は必要だろう。また、ホームグロウン枠を見据えて、才能ある若手の確保にも資金を注ぎたい。オフにはブラジルから数人の選手が入ってくる予定だ。彼らがいつか戦力になればと考えている。また、日本市場にも目を向けている。何人か欲しい選手に目星をつけているところだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whiterochen.blog.fc2.com/tb.php/22-cfee2e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 | WhiterochenのFM日記TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。